多重債務で困っているぽちゃ女子は「おまとめローン」を!

多重債務で困っているぽちゃ女子は「おまとめローン」を!

複数の金融機関かに借り入れを金融業者1社にまとめて返済していく「おまとめローン」。1社に借り替えれば金利の総額が低くなり返済の負担も軽減されます。

おまとめローンには審査があるため必ず使える手段ではありませんが、計画的な返済を考える上では外せない選択肢でもあります。

そこで今回は、無理なく借金を返済するための「御まとめローン」について解説します!

おまとめローンとは

そもそも、おまとめローンとは複数ある債務を1本化することによって、借金の総支払額や月々の支払額を少なく抑えられる金融商品です。全ての借金がまとめられるので返済計画がたてやすくなり、借金の管理も容易になります。

おまとめローンの利用には審査があるので誰もが使える手段ではありませんが、返済計画を簡便化するために申し込んでみる価値はあるでしょう。ただし、金融機関によって金利が異なるので、利用する場合には注意が必要です。

また、月々の返済額を少なく設定されることで返済が長期化し、結果的に利息が増えてしまうといった事態も起こりえます。おまとめローンは、現状よりも借金総額が少なくなるのかどうかをしっかりと見極めてから利用するようにしてください。

銀行系のおまとめローン

金利は5%から15%程度と低金利なのが特徴です。限度額も5,000,000円ほどと高くなっています。ただし、審査が厳しいというデメリットがあります。

消費者金融系のおまとめローン


銀行系に比べると審査が通りやすい傾向にありますが、だからといって審査が甘いというわけではないので気をつけてください。あくまでも「ローン」だということは忘れないようにしましょう。審査に通れば即日融資も可能ですが、金融機関によっては、カードのリボ払いは対象外とされてしまうことがあります。

おまとめローンの注意点

どこの審査に通るかわからないからといって、さまざまな金融機関に申し込をするのは厳禁です。短期間に複数のローンキャッシングの申し込みをすることを「多重申込」と呼び、その情報がCICなどの信用情報機関に登録されてしまいます。こうなってしまうと全ての審査が通らなくなるので注意が必要です。

借金が1本化されるということは、それ以外の借金は、形の上では「完済した」と言うことになります。もちろん、借金が減ったわけではないのですが、「完済した」借入先から、再び借金をしてしまう人も散見されます。それでは何の意味もありませんので、借金を1本化できたのなら、それ以外の金融機関のカードは解約して破棄してしまいましょう。

どうしても返済できない場合は


これまでに紹介してき方法でも返済できない場合には、司法書士などに相談して債務整理をするという道に進むことになります。

○債務整理の種類
債務整理には3つの種類があります

・任意再生
債務整理には、司法書士などが金融業者と交渉して返済額の軽減をします。

・個人再生
裁判所に申し立てる必要がある制度です。認められれば、5分の1程度にまで借金を減らすことができます。

・自己破産
借金返済が全額免除される制度です。ただし、200,000円を超える保有財産が清算されるなど、いくつかのデメリットがあります。

このような債務整理という手段を選ばなくてもいいように、日頃から計画的な返済を心がけていきましょう。

司法書士への相談なら「杉山法律事務所」がおすすめです。債務整理ではなく、過払い金の返還請求にも対応。全国どこからでも相談は無料なので、まず気軽に話を聞いてもらってみてはいかがでしょうか?

【司法書士法人杉山事務所】

お金カテゴリの最新記事